Fire-King Japan
ファイヤーキングジャパン

1941年、アメリカ・オハイオ州ランカスターにある耐熱ガラス食器メーカーの先駆け Anchor Hocking Corporation で、Fire-King は生まれました。

1986年にアメリカで生産終了したミルクガラスの Fire-King は時を経て、Anchor Hocking とのパートナーシップのもと、2011年より日本でハンドメイドで製造しています。

日本のガラス職人の熟練した技術により受け継がれた懐かしくも新しいテーブルウェア。
ものづくりに携わるみなさまとともに、Fire-King の魂を継承して参ります。

Fire-King was first produced in 1941, by the pioneer manufacturer of tableware specializing in heat-resistant glass items, Anchor Hocking Corporation located in Lancaster, Ohio, USA.

Although it ended its production in 1986 in the US, Fire-King’s milk glass is now reproduced in Japan under a partnership with Anchor Hocking since 2011.

Each glass is handmade by skilled Japanese glass craftsmen. We inherit Fire-King’s soul, with a mission to make nostalgic yet new Fire-King, together with everyone who takes a role in making it.

商品情報